トム・マウアー リターンズ

今、注目されているのがニューウエイズの創始者であるトム・マウアー氏が新しく始めようとしている「シズル」についての説明です。 過去の記事はアーカイブからどうぞ。 http://www.sisel-japan.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シズルが誕生する事となった本当の理由 その1

シズルについて、巷では様々な噂が飛び交っています。

何故トムマウアー氏がニューウエイズを見限り、新会社シズルインターナショナルを立ち上げる必要があったのでしょうか。

トムとディーさん(前妻)が離婚したことは周知の事実ですが、実際に協議が行われたのはかなり前のことで関係者の間では公然の秘密として知られていたようです。

離婚自体は、特に問題にはならないのですが、会社を始めた時は夫婦仲が良かったため、会社の株を50%ずつ2人で持ち合っていた事が大問題に発展する事となりました。

それは何故なのか?  続く・・・
スポンサーサイト
  1. 2007/02/22(木) 10:21:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧形態からの移行

いよいよ具体的に動きが出てきたようです。シズル社では何人かの代理店クラスの方に具体的なネットワーク作りの準備としての資料を提示してくださるよう依頼されているようです。
また、製品に関しても実際にトム・マウアー氏が自ら開発製造した製品を投入すべく出荷準備中です。
しかし、いくらよい製品を投入できたとしても、そこは後発ネットワークの悲しさでいきなりユーザーやディストリビューターが増えるわけではありません。そのため、期間限定で地位的に移行しやすいプログラムなども考えられているようです。
トムの理念に基づいたすばらしい製品を広げていきませんか。

最新の情報は以下からお知らせできます。
http://www.sisel-japan.com
  1. 2007/02/21(水) 08:47:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本で登録開始間近

いよいよsiselの日本での正式会員募集登録が近づいてきました。
早いグループでは今週中から始まるところもあるようです。

登録からサービス開始まで少しは時間があります。発表されたとたんに雪崩をうって会員が移行してくることが予想されます。

今のうちに初期登録だけでも済ませたほうがよいのでは?

http://www,sisel-japan.com

テーマ:ネットワーク - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/02/20(火) 08:44:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。