トム・マウアー リターンズ

今、注目されているのがニューウエイズの創始者であるトム・マウアー氏が新しく始めようとしている「シズル」についての説明です。 過去の記事はアーカイブからどうぞ。 http://www.sisel-japan.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ID番号の取得

皆様ID番号は届きましたでしょうか?

後から送った人が届いているのに先に送った人が、まだ届いていない現象が見られるようです。

入力の現場がどうなっているのかは解りませんが、粛々と入力が行われているはずです。

原因として考えられるのは、入力に漏れが有った事が考えられます。FAX番号の項目が未記入だったり、メールアドレスが携帯のアドレスが記入されていたり、未記入だったりした可能性です。

次は、メールアドレスの誤記入も考えられます。いかにしてもカラムが小さすぎると感じたのは私だけでしょうか。入力ミスも考えられます。案内メールが届かないと多分登録保留になると思います。

さらに、当初許可が出ていた郵便局と信用金庫の口座の登録が不許可になった事です。理由は解りませんが当分は一般の銀行のみになったそうです。郵便局と信用金庫の口座を記入された方は、保留されている可能性が有ります。

カード引き落としの方で要注意なのは、カードの個人番号(3~4桁)の未記入も考えられます。アメックスは4桁ですが、その他のカードは3桁です。未記入の場合は多分保留になります。

仮のフォームで登録された方は、アップのID番号も有りませんでしたので、どこかで保留になっている事も考えられます。何しろ現場は混乱していると思われるからです。余りにも何も通知が来ない時は、アップに相談して下さい。多分電話でのサービスは当分受けられないと思われるからです。

ID番号を入手された方でも、新規登録の場合は出来るだけ系統図を添付するのが望ましいと思います。とにかく現場は混乱していると思われるからです。

前倒しで登録を始めている経緯が有ります、ある程度の混乱は覚悟の上です。冷静に対処をお願いします。オペレーターが習熟して来れば一気に解決すると思いますので。 多分・・・

ホームページ
http://www.sisel-japan.com




スポンサーサイト
  1. 2007/03/21(水) 22:25:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会員登録出来ました

待ちに待った会員番号が来ました。番号の頭は予想通りJPNでした。興味の有る方の為に送られてきたメールをお見せします。


親愛なるシズルディストリビューターの皆様へ

世界で最も画期的なネットワーク・マーケティング企業へようこそ。下記にあなたのディストリビューターID番号、パスワード、ePINをお伝えします。シズルホームページにログインして、すばらしい製品やボーナスプランをご確認ください!この一生に一度のチャンスは、あなたの健康や、経済的裕福さを向上させ、夢見たライフスタイルを実現させてくれることでしょう。

このメールは以下のことにより配信されています。a)署名した独立ディストリビューター資格申請書を、シズルインターナショナルAGが受理したため。b)あなたのアップラインスポンサーがあなたが伝えた個人情報をもとにオンライン・サインアップで仮登録を行ったため。c)あなた自身が、シズルホームページhttp://www.siselinternational.com.より独立ディストリビューターオンライン・サインアップに合意し、仮登録を行ったため。

仮登録を行い独立ディストリビューター資格の方;シズルが独立ディストリビューター資格申請書を受理し、アクティブディストリビューターになるまで、下記のことを必ず行ってください。1)http://www.siselinternational.com.で該当する国の手続き、日本においてはシズルビジネスの概要書面の内容を十分にお読みください。2)シズルの独立ディストリビューター資格申請書の項目にすべて記入しシズルインターナショナルに送付してください。3)シズルより申請書の受理とディストリビューター資格の通達を受けること。これらの条件が、このメールの通達から30日以内にすべて満たされなければ、あなたのディストリビューター資格取得の条件が満たされるまでディストリビューター資格は停止します。

あなたがシズルディストリビューターとして活躍されることを心より祝福し、今後の成功と健康、繁栄を祈っています。

このメールを受理された方はhttp://www.siselinternational.com.でシズルホームページにログインし、個人情報保護のためパスワードとePINの変更を行ってください。また、入力されている個人情報、銀行口座情報が正しいことを確認してください。以上の情報を控え、または印刷し、紛失しないようご注意ください。尚、このメールアドレスは配信専用となっていますので返信されても受信することはできません。


ID:JPN
パスワード:
電子財布ID番号:


アップラインID:
アップライン名:

Sincerely, Tom Mower Sr., Tom Mower Jr., Darick Mower


早速ログインしてパスワードを変更し、製品の注文をしました。
何日後に送られてくるか楽しみです。

ホームページもご覧下さい。
http://www.sisel-japan.com
  1. 2007/03/17(土) 19:28:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

登録用紙について②

独立ディストリビューター申請書の記入についての注意点をお知らせします。

3枚複写の正式な申請書が出来ています。一部50円で入手できます。
当分は小売はせずに100枚単位での注文になります。


書き方の注意は、申請者記入欄でE-mailアドレスを記入しますが、記入枠が小さいので記入するのが難しいです。別の紙で練習してから記入すると良いと思います。

また申請者がアドレスを持っていない場合、ID番号とパスワードを受け取る事が出来ません。(何時までかは不明です)アップの方のアドレスをお借りして記入して下さい。

携帯電話のアドレスを記入したり、未記入の場合登録が滞るそうです。


スポンサー記入欄は、IDが入手出来ていれば記入します。まだでしたら空欄のままで送ります。

E-mailアドレスの注意は、申請者と同じです。


カード情報は、ディストリビューターキットの代金$10を自動引き落としする方の記入欄です。カードと同じ内容を記入して下さい。

注意する事は、カードの裏面の氏名記入欄の付近に7桁の番号が印刷されています。この数字の下3桁の数字を記入します。AMEXの場合は、表面右上にある4桁の数字を記入して下さい。


カードをお持ちで無い方は、振込口座に1300円振り込み、振込用紙の控えを添付して郵送します。送付する控えはコピーでも可能です。申請用紙のカード情報欄に貼り付けて紛失しないようにしてください。

以上が独立ディストリビューター申請書の注意になります。

申請書の会社住所がスイスになっています。なぜかワクワク?します。


ホームページも有ります。
http://sisel-japan.com








  1. 2007/03/14(水) 10:20:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

登録用紙について

正式な登録用紙の配布が始まりました。

登録用紙の申し込みは、1人につき100枚までの注文で、1部50円で購入します。

専用の申し込み用紙に記入して料金の振込み用紙を添付して送ります。

会員用申込用紙の記入にはいくつかの注意事項があります。

会社の登録がバタバタしている事と紹介者のID番号が決まっていないからです。

詳しい内容は次回からお知らせします。


  1. 2007/03/14(水) 02:34:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

シズル初期登録のメリット補足

以前にアップしたシズル初期登録のメリットについて補足説明します。

何人かの方からシズルでは他社で保持しているタイトルを引き継いで
もらえるのか、それはいつまで有効なのかと聞かれました。

まずは期限ですが、シズルジャパンがオープンするまでの、プリオープン期間が対象ですが、正確な日時が発表されていないため何時になるかは不明です。

次にタイトルを引き継げる方の条件ですが、今現在エクゼボーナスやカーボーナスを実際に取っている方で、今後シズルでも早めに取れる見込みが有る方が対象になります。

以前は、エクゼ信仰と言う悪い習慣が有りました。
「エクゼでなけれな人で無し・エクゼになってから来るように」
私もそうでしたので決して笑えませんが事実です。

エクゼクティブとは、問屋業に当たるとします。問屋さんの下には、取次店や小売店、そして多数の消費者がいて初めて仕事として成り立つ訳です。

問屋作りに狂騒して、実際の消費者が育たないのですから問屋さんは成り立たない訳です。MLMでは倒産はしませんが、収入は無いわけです。

はっきり言いますと、前回のプランには、穴があったわけです。

シズルは、より完成度を高めたプランを作りました。何が変ったか簡単に説明しますと、

愛用者会員には、現金でなく製品で還元する。タイトルは必要なくなりました。

ビジネス会員の自己購入分のキャッシュバックがなくなりました。つまりダウンの製品流通が無いと収入はありません。ゼロです。

パックキャンペーンが無くなりましたのでボーナスポイントを当てにする事は出来なくなりました。

基本に忠実に組織を構築すれば、リテールボーナス・リーダーシップ育成ボーナスだけでも、かなりの収入を得ることが出来ます。

組織が大きくなれば、自然とエクゼクティブになってしまう訳です。

ですから直ぐに収入が取れる見込みの無い方が無理してタイトルを引き継ぐ必要は無いわけです。

簡単では有りますが説明を終わります。

不明な点があればお問い合わせ下さい。調べてお答えします。

ホームページも有ります。アドレスは
http://www.sisel-japan.com







  1. 2007/03/12(月) 11:51:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

会員登録③

今回も会員種別についてお知らせします。

前の記事で書きました、自動配送会員ですが、英語読みでは
オートパーチェス、略してAPと表示されます。自動配送しない会員
は、ノンオートパーチェス、略してNAPと表示されます。

AP会員で、毎月の購入金額の下限が

    $100の会員を、APのシルバー会員
    $200の会員を、APのゴールド会員
    $300の会員を、APのプラチナ会員

になります。

NAPの会員であっても購入月の最低金額の下限が

    $100の会員を、NAPのシルバー会員
    $200の会員を、NAPのゴールド会員
    $300の会員を、NAPのプラチナ会員

になります。

トータルで6個のコースに分かれます。

6個のコースで差がつくのは、受け取るボーナスのレベル(深さ)
と還元のパーセンテージが変わります。

例 第1ボーナスのリテール(小売)ボーナスでは、どのコースでも
  AP・NAPの共に20%の還元ですが、レベルはコースに応じて
  シルバーはレベル3段、ゴールドはレベル4段プラチナは、
  レベル5段までと差がつきます。

  リーダーシップ育成ボーナスでは、APとNAPで差がつきます。
  NAPは還元率で一律2%低くなります。レベルは同一です。

コースは6個ですが、登録はAPが3コース、NAPが1コースになります。

自分がどのコースを選べば良いかは、ダウンの数と購入金額に
応じて選択するのがベストかと思います。

いずれのコースでも自由に変更出来るようになると思います。
注意する事は、変更には時間がかかる事です。当月中の変更は
難しいかもしれません。

続く

最新の情報は以下からお知らせできます。
http://www.sisel-japan.com
  1. 2007/03/11(日) 21:58:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会員登録②

引き続きシズル会員の種類を解説します。

ビジネス会員は、大きく分けて2つに分けられます。

それは、自動配送(購入)システムに登録する会員と登録しない会員に分けられます。


*自動配送システムとは?

今回から導入される自動配送システムとは、毎月の購入額を$100・
$200・$300と事前に設定しておくシステムの事を言います。

$100で申し込んだ会員の方は、毎月自動的に$100の製品が送られてきます。

製品の種類は、事前に選んで発注しておきます。つまり$100以上の額の製品を購入する事になります。

自動配送システムには、$100・$200・$300の3コースが設定されています。

詳しい内容はまだ発表されていません。


自動配送システムに登録しない会員は、好きな時に好きな量の製品を購入することが出来ます。

ただし、連続して6ヶ月以上製品の購入が無いと何らかの制限が加えられる可能性があります。
(詳しくは不明)

どのコースでも変更は自由に可能です。

続く

最新の情報は以下からお知らせできます。
http://www.sisel-japan.com

  1. 2007/03/10(土) 00:53:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会員登録①

今回はシズル会員の種類を解説します。

シズルの会員は、大きく分けると優先顧客会員とビジネス会員の
2つに分けられます。

優先顧客会員とは、製品の愛用者で自分だけで製品を使用します。
だれかをスポンサーしてもダウンに登録されません。
ポイントは製品で還元されます。キャッシュバックはありません。

還元は、製品$20につき1ポイント還元されます。1ポイントは、
$4に相当します。$20で割れない端数の処理はまだ不明です。

これは想像ですが、例えば今月$108の製品を購入したとします。
$20で割ると5ポイントと端数が$8でます。5ポイントは$20で
すので、来月以降の購入時に$20分割引で購入できるのではないかと
思います。そして端数の$8は多分切り捨てになるのではないかと思います。

外れたらスミマセン。最初に謝っておきます。

続く


最新の情報は以下からお知らせできます。
http://www.sisel-japan.com
  1. 2007/03/09(金) 00:40:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボーナス講座①

 リテールボーナスとは、小売店が受け取る収入です。

 前の会社では卸価格と小売価格に分かれていました。

 小売して差額の3割が小売収入でしたが、今回は、
 卸価格を廃止して、小売収入は会社から毎週口座に
 振り込まれる事になりました。

 今まで小売収入を貰いそびれていた方に朗報です。
 今回は100%の小売収入を受け取る事が出来ます。

 リテールボーナスは、今回新たに追加されたボーナスです。


 本来は、普通のディストリビューターは、小売から始めて
 問屋になり代理店を目指すのが正しい流れなのです。
 
 以前の様に、能力の無い人がいきなり代理店になっても
 巧くいかないのは当然なのです。そこまで甘い仕事
 では無いのです。

 マネーゲームの結末はオークションサイトを見れば
 一目瞭然です。前の会社と一部のディストリビューター
 の責任は重大です。


 今回のプランの特徴のひとつは、

 自己購入分の還元金が無いことです。(愛用者は製品で
 還元される)グループの売り上げが無いと収入は、全く
 有りません。


 計算の仕方は、自分の5段下までの各人の売り上げの
 25%の20%を受け取ることが出来ます。
 
 例 $100の購入分の25%は、$25です。
   収入は、$25の20%で、$5になります。

   $300の25%は$75です。
   収入は、$75の20%で、$15です。

 自分の5段までのダウンに$100購入者が20人、
 $200購入者が10人、$300が10人いました。

 さて収入は?  答えは$350

 リテールボーナスだけで、約45,500円になります。

 もらえるボーナスは、まだ5個有るのです。
 代理店になるまでに、リテールの2~4倍の収入を
 追加して受け取れるとトムさんは言っています。


 何となく理解して頂けましたでしょうか。

 続く


 最新の情報は以下からお知らせできます。
 http://www.sisel-japan.com
 

 
  1. 2007/03/08(木) 16:50:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ボーナスプラン

 シズル本社のホームページに日本語版の
 ボーナスプランが掲載されています。

 言語を日本語にして、会社の中のボーナス
 プランを開き、女性の左側のボーナスの部分を
 クリックすると開きます。

 シズル本社のアドレスは、下記のアドレス
 のページ内に表示してあります。


 最新の情報は以下からお知らせできます。
 http://www.sisel-japan.com

  1. 2007/03/08(木) 16:31:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

登録状況について

 アップが遅れましてすみませんでした。

 最新の登録状況ですが、正式な登録用紙の
 注文を済ませました。当分は一人100枚まで
 の注文になります。一部50円になります。

 フォームは3枚形式で、1枚は会社、1枚は
 紹介者、1枚は申請者と以前と同じです。

 当分はビジネスの方の登録になります。
 愛用者登録は製品が揃って来てからになります。

 製品の注文体制は月初から整っているそうですが、
 会員番号がメールで届かないので発注出来ない
 状況です。

 ビジネス用スターターキットには、愛用者用の
 登録用紙が含まれているそうですので、愛用者
 登録も意外と早くなるかも知れません。

 今回シズルでは、愛用者会員の事を優先顧客会員
 と呼んでいますが、プログでは解りやすいので
 愛用者と書いています。

 続く

 最新の情報は以下からお知らせできます。
 http://sisel-japan.com
 
  1. 2007/03/08(木) 11:19:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前回の記事(その7)の補足説明 

 前回の記事に追加・変更事項が有りましたので補足します。

 仕事の方は、登録に際してカードの所持が必要でしたが、
 スターターキットの費用$10を銀行から振り込む事も
 可能になりました。カードの無い方も登録できます。

 パソコンの無い方の対応ですが、今回はボーナス等の
 確認はパソコンで行いますので、信頼できる方を探して
 いただく必要が有ります。個人情報を見られるからです。

 仕事で登録の方は、シズルカードを作成して戴きますが
 このカードは、自分の口座にお金が無いと使えないカード
 ですので、誰でも作る事が出来ます。

 今後、製品の購入もシズルカードで出来るようになります。

 アメリカ本社の日本語ホームページが改定されました。
 正しい日本語になり読みやすくなりました。
 
 最新の情報は以下からお知らせできます。
 http://www.sisel-japan.com
  1. 2007/03/05(月) 14:19:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シズルが誕生する事となった本当の理由 その7

 今日の時点での登録状況ですが、オープン前の
 設立会員として少しずつ登録が開始されています。

 まだまだ全員という訳には行きませんが、おそらく
 今月中にオープン前の登録を終わらせる位のペースで
 進むのではないかと思います。

 当初3月1日から製品の注文を受け付ける予定と
 言われていましたが、少々送れそうです。

 今回の受付には、カードが必要になりますので、
 ご注意下さい。今回使用できるカードの種類は、

  VISA   MASTER   AMEX   JCB の4種類になります。

 今回から、ボーナスはE-バンクに振り込まれますので、
 確認するには、パソコンが必要になります。

 続く

 最新の情報は以下からお知らせできます。
 http://www.sisel-japan.com
 
  1. 2007/03/02(金) 00:20:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。