トム・マウアー リターンズ

今、注目されているのがニューウエイズの創始者であるトム・マウアー氏が新しく始めようとしている「シズル」についての説明です。 過去の記事はアーカイブからどうぞ。 http://www.sisel-japan.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

話題有難うございます

早速話題の提供をいただきまして有難うございます。
大変助かります。


「10月のシズルグランドオープンには日本は含まれません。
日本のグランドオープンは未定です。」


う~ん・・・

正直に申し上げますと難解な文です。

私が最初に聞いていたのは、キックオフ・コンベンションを
ユタで開催すると言うリリースでした。

新しいシズルニュースにはインターナショナル・オープニング・
コンベンションと書かれています。

あくまでも私の解釈ですが、今回のコンベンションはシズルが
1企業として正式に事業を開始する為のお披露目だと思います。

シズルジャパンはシズルインターナショナルの子会社もしくは
支社に位置付けられると思います。

そうすると順番は、本社のお披露目、次に支社のお披露目という
順番になると思います。

厳密に言うと本社はスイスで本部はアメリカのユタ州になります。

会員の興味が有るのは事務所ではなく研究所や工場などの心臓部
ですので、お披露目はユタで行うのだと思います。

因みに実際にスイスに行った方の話では確かに事務所があった
そうです。

そこには新たに買収したファンド会社も併設されているはずです。

話がそれましたので元に戻します。

上記の文章を私なりに物凄く丁寧に書き直してみますと、

「シズルインターナショナルのグランドオープンは10月4日~
 10月6日迄ソルトレイク市にて開催されます。シズルジャパンの
 グランドオープンは、後ほど日本で開催されますが正確な期日は
 今の所未定です。今後の情報をお待ち下さい」

となります。

送って頂いた文章でも分かる人には分かるのですが、少し誤解を
与える書き方かと思います。

自分の文では気が付かなくても他人の文のアラは良く見えます。

その事は私の訂正文の多さからも立派に証明されています。


ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
スポンサーサイト
  1. 2007/09/30(日) 02:33:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

話題が・・・・

嵐の前の静けさと申しましょうか、書く話題が尽きてしまいました。

ご意見のほうは、盛り上がっていまして有り難い事ですが。

肝心の情報の方が有りません。

もう4~5日すれば書き切れないほどの情報が来ますので
暫らくお待ち下さい。

非公式サイト (ですか)

管理人 (結構気に入っています)

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/28(金) 20:00:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

謝罪

先日の記事で宗教を例題にしたのは少し軽率でした。

特定の宗教を意図して書いている訳では無いのですが、
熱心な信者の方からすれば面白くないかも知れません。

多かれ少なかれ解釈の違いで意見は分かれますが、
とりあえずこのサイトでは中立を目指すと言う事で
謝罪文を掲載する事にしました。

今後は十分注意するようにします。

管理人
  1. 2007/09/27(木) 00:33:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

キックオフコンベンション

キックオフコンベンションまで約1週間をきりました。

噂ではかなりの人数の方が渡米されるそうです。

そんなに多数の航空券があるとは思えないのですが、
日をずらしたりして行くのかも知れません。

今までにも、いくつかのゲートを通り抜けて来ましたが、
今回のイベントは間違いなく今後の成長を占う大きなイベント
になる事と思います。

いずれにしても10日もすれば全容が明らかになりますので
早めにお知らせします。

今回のコンベンションで発表される製品は、10月中に
個人輸入出来ると言われていますが、コンベンションで
販売される製品をいち早く入手して感想をレポートします。

お楽しみにお待ち下さい。

個人的にはシワの取れるペン状のクリームに大変興味が有ります。

効果が無ければ返金しても良いと豪語したほどの製品です。

多分相当に凄いのでしょう。

楽しみな事です。

因みに私はぴちぴちなのでシワが有りません。実験できない!!

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/27(木) 00:25:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近日中に出そうな製品

USコンベンションで発表されそうな製品情報です。

リップクリーム
マウスウオッシュ
顔のシワ取り
ボディーソープ
ディッシュソープ

の5品です。

来月中には個人輸入の形で購入できそうです。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/25(火) 23:56:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

情報を2つ

以前にお知らせした情報で、注文の確認メールが日本語に
なっていますとお知らせしました。

自動発送の確認メールは、日本語でしたが単発で製品を注文した
時の確認メールは英語のままでした。


USコンベンションの前に1~2品の製品が発売されるそうです。

コンベンションでは、5品ほどの製品が発表される模様です。

現地では、実際に製品を試したり購入も出来るそうです。

早く製品を使いたい方は、誰か参加する方に頼みましょう。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/25(火) 01:08:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕事のマナー その2

世の中に完全に良い物は有るのでしょうか。

例えば自動車は、移動や遊びには大変役に立つ道具ですが
使い方を間違えると間単に人殺しの道具になってしまいます。

天下のトヨタ自動車をコケにしたミサワホームの三沢社長ですが、
住宅内の風呂場での事故死の件数は決して見過ごせません。

柳葉包丁も道場六三郎氏が使えば、まるで芸術品の様な料理が
出来ますが、○○ガイが使えば間単に人殺しの道具になります。

究極のバカ兵器の核爆弾でも使い方によっては抑止力になります。

もう一つ愚かな例として、宗教が有ります。

「汝の隣人を愛せよ」と言いつつ「異教徒は殲滅せよ」と
同じ口で解いているのですから開いた口が開きっぱなしです。

前振りが長くなりましたので本題に入ります。

つまりMLMビジネスはあくまでも収入を得るための1つの道具で
あって、金儲けの為の手段である訳です。

勿論一部の人の中には、MLMビジネスは私の人生だとか、人間
を磨くための方法だとか言われる方もおられますが、大部分の
方には道具の1つだと思います。

前振りで例をあげました様に、道具と言う物は使う人の考え方
もしくは使い方しだいで、善にも悪にもなる訳です。

どんなに理念が優れていようと、眩しくて見られない様な社是の
企業であっても不道徳な事をする者が必ず出てくる訳です。

NWでもシズルでも同じだと私は考えるのです。

「石川や 浜の真砂はつきるとも 世に盗人の種はつくまじ」
と400年以上も前に石川五右衛門も言っています。

世の中にはゴミ捨て場も有れば美しい花園も有る訳です。

わざわざ変な物を見なくても綺麗な物を見て楽しく過ごせれば
最高ではないでしょうか。


匿名さんメッセージ有難うございました。
管理人(私の事?)は、特例でも何でも有りません。
ごく普通の必殺暴露人です。(笑)
またメッセージ下さい。


ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/22(土) 23:43:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

仕事のマナー

ネットワークの仕事をしていてダウングループから一番
嫌がられる事は何でしょうか?

色々上げられると思いますが、一番はやはり男女の関係では
ないでしょうか。

他のグループに迷惑は掛けませんが、ボディーブローの様に
ジワジワと聞いてくるそうです。

意外と本人達はバレていないと思っているようですが、案外
ほぼ全員が知っていたりします。

気が付いた時には、潮が引くようにグループの崩壊が始まる
そうです。

実際に目の当たりにした方から聞きましたので信憑性が
有ると思います。



二番目は、グループ内での引き抜きが上げられます。

どちらが一番か微妙ですが人によって判断が分かれます。

全くの他系列からの引き抜きでも結構噂になります。

どちらにしても、いずれは内部からの崩壊の危機に晒される事
請け合いです。

こちらの方は兄弟系列からも常に監視の対象とされてグループ
の良識有る方は針のムシロ状態になります。

遅かれ早かれグループの崩壊は避けられません。


三番目は何でしょうか。

沢山有り過ぎて書ききれませんね。

あえて上げれば他グループの中傷やあしの引っ張りあい
でしょうか。

同じ会社内でまさかと思われる方もおられるかと思いますが
結構多いです。

第三者から見れば真に醜いものです。



皆さんも知らずに行っている事が無い様に十分注意して
頑張りましょう。


天網恢恢祖にして漏らさず 今日テレビでやっていました。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/20(木) 22:04:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

希望的観測情報

そろそろ新製品が少し追加されるのではないかと思います。

状況はかなり流動的なので詳しく書けませんが。

過去の例からしてUSコンベンションでは、間違いなく
少なくても数点は発表されると思います。

日本オープンは、USコンベンションの後と考えるのが
妥当かと思います。

年内に30品出れば御の字でしょうか。

楽しみです。


ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/20(木) 00:54:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

子供の未来を考える会御中 担当者様

子供の未来を考える会の皆様メッセージ有難うございました。

正におっしゃる通りですね。

元々は兄弟なのですからいがみ合いは止めにしたいものです。

私のサイトでは、個人攻撃と全くの的外れ以外の意見は基本的に
尊重致します。

様々な人間の考えが見えて面白いと思います。

自分の愛する組織に肩入れする事は当たり前です。

またネットワークビジネス被害者の会の皆様からすれば
信じられなくても当然かも知れません。

常に温かい目で見れるようになりたいものです。(出来れば)

前社のオークション状況はある意味会社の方針みたいなもの
でしたので、オーナーや日本のトップが変わった事により
方針変更した様にお見受けします。(見て見ぬ振りをしたの意)

シズルの場合は、輸入製品が出されているので取り締まって
頂きたいものです。

方法は非常に簡単で、ボトルと製品の内蓋にレーザーで
通し番号を印刷すればかなり簡単に絞り込めると思います。

何事も深刻になると物事は硬直してしまいます。

出来るだけ楽しく進めて行きましょう。

今後も応援宜しくお願いします。


ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/20(木) 00:41:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

話題を2つ

頂いた情報です。

どの様な意味があるのか不明ですが、フコイダンのキャップが
黒色から金色に変更になったそうです。

どなたか意味をご存知の方がいらしたら教えて下さい。

多分深い意味はないと思いますが。


色々と問題になっていたトムマウアー氏の本の版権を
シズルジャパンで購入した模様です。

購入はシズルカスタマーまでお問い合わせ下さい。


タイトル

「アメリカンカウボーイの直言」です。

変更が無ければ価格は1冊1800円です。



ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/19(水) 23:57:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛用者会員

愛用者会員の登録が始まっていますが、先日郵送で登録しましたら
中2日で登録されました。

かなり早くなってきまして少しビックリしました。

製品の購入は、サプリは個人輸入、パーソナルケアは国内発送
で購入できます。

決済はクレジットカードかデビットカードでみです。

暫らく不便が続きます。

早くコンビニ決済が始まるとよいですね。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/17(月) 11:50:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NW情報

NWの会員さんからお聞きした情報です。

NWでは、以前からオークションに製品を横流しすることが
問題でした。

オークションはシズルでも問題になっています。

理由はいろいろ有ると思いますが、何かをきっかけに取締りが
始まった模様です。

私には調べようもないですが、集団で追い出されたグループ
も有るようです。

私は少しゴールデンゲートの評価を変えました。

この時期に断行するとは、有る意味すごいですね。

真面目に仕事していた方々には朗報ですね。

漂流中のグループがこちらに来ない事を祈ります。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/15(土) 01:18:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ボーナス説明の間違い、 その他

前の記事でボーナスの説明に間違いが有るそうです。

私の覚えている内容の何処かが間違っていると思われます。

調査して改定しますので、暫らくお待ち下さい。

ご迷惑をおかけします。

noname様ご指摘有難う御座いました。



製品の差し止めですが、NWの超有名な某クラウンに確認しました。

現在は11月の裁判に向けて公聴会を開いている段階です。

製品の差し止めとか裁判の勝敗などはまだ出るわけが無いとの
事でした。

無責任な出所不明な情報が出回って困ると言われてました。

いただける情報からは製品差し止め、会社からは事実無根と言われ、
私は板ばさみで四苦八苦です。

自分で製品を注文して確認すれば済む事ですが。

身近な方の話では、先週届いているそうです。





ニューウエイズのS-DAさん素晴らしい内容の意見有難う御座います。

私も前から申し上げている様に共存共栄できれば最高ではないで
しょうか。

私もNWのユーザーですし、実際にシズルに無い製品はNWで購入して
いる訳です。

他社に買える製品は無い訳ですから。

今回の新製品のドリアンジュースは評価が高いですよね。

シャキットの特集読みました。

私も早く儲けて飲みたいと思っています。

個人的な好みとしてはもっとドリアンの強烈な香りにして
戴きたいです、多くの人が飲めなくなりそうですが。

対してシズルにはフコイダンが有ります。

○○を直すために必要な方は、飲めば良い訳です。

お互いに共存出来ます。



数日前のコメントで「2社でシェアを取り合いする」と有りました。

お互いに潰し合うと言う意味だと思います。

1つしかないパイを取り合うのでしたら確かに取り合いになります。

しかし現状では、パイはまだまだかなりの枚数が手付かずで残って
いるのではないでしょうか。

私の周りにもNWとは何ぞや? と言う方が数え切れないほどいます。

ましてや シズル? 逆に知っていたらビックリです。

このような現状ですからビジネスチャンスは計り知れません。

頑張って製品を広げて世の中を良くする手伝いをしましょう。


ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/14(金) 01:32:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自動配送について

先日自動配送のメリットが良く解らないと質問されました。

ここでもう一度おさらいをして見ましょう。

普通配送(NAP) 自動配送(AP)

購入金額は同じ100ドルでもAPとNAPでは何が違うのでしょうか。

先ずはボーナスの還元率(%)が違ってきます。

APの方が数パーセント高く設定されていてお得です。



次に週払いボーナスが多く貰える可能性が有ります。

例えば ひと月の間に1~4の4週あるとします。

NAPの場合は、自分が購入した週だけダウンの週ボーナスを
貰う事が出来ます。

つまり第1週に自分が買えば、第1週はダウンからの週ボーナス
を貰えます。しかし第2週~第4週までは貰う事が出来ません。

APの場合は、自分が第1週に購入すると自動的に第1週~第4週まで
全ての週に渡りダウンからの週ボーナスを貰う事が出来ます。

自分のグループが有る程度大きくないと意味は有りませんが
考え方はお分かりでしょうか。

月ボーナスを貰える条件はAP・NAP共に共通ですが還元率が
変わってきます。

出来ればAPにして置いた方がお徳では有ります。


相談者の話では、以前に誘われた時に当然の様にAP300ドル購入を
依頼されたそうですが、プランの説明なら解りますが購入の強制は
いただけません。

ビジネスの方でもAP100ドルから始めればよいと思います。

ダウンのボリュームが増えてくれば200ドル300ドルと増やして行けば
良いのではないでしょうか。

少しの無理でしたら良い意味での緊張になりますが過度の無理は
続かない事が多い様です。

物事には反動が有りますから、大きな無理をして反動で止めてしまう
訳ですが、せっかくやる気を出して頂いた方が止めてしまうのは
大変勿体無いと思います。

独自に動いてくれる人を探すのが仕事ですが、世の中にそう沢山
いるとも思えません。

探しているうちにブームが去ってしまいます。

やはりある程度は丁寧に育てないと発展は難しいでしょう。

MLMの仕事は物凄く奥が深いですが、日々の行動は地道な泥臭い
仕事の積み重ねです。

良い仲間とお互いに励ましあい助け合いましょう。

購入を強制させる様なグループには巻き込まれない様に注意して
下さい。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/13(木) 00:11:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

これから十分にご注意下さい。

10月のユタでのグランドオープンが1ヶ月を切りました。

前回のマウアーファミリー日本公演の時も我々の知らない所で
数々の妨害工作があったそうです。

複数の無意味な裁判を仕掛ける事によりファミリーを日本に
行かせない工作は無残に失敗した事は皆さんもご存知の通り
です。

その証拠に、講演会が成功すると次々に告訴を取り下げた
事でも明らかです。

お金が惜しいのか、全く勝ち目が無いのか茶番劇でした。

当然今回のコンベンションも執拗に妨害してくる事は予定通りの
行動と考えなくてはいけません。

既にデマによる心理戦が始まっていると考えるのが自然です。

皆さんも冷静に考えてみて下さい。

例えると 大手の自動車メーカーを飛び出たグループが、
      新規の車を開発して販売しました。
      それを見た大手の会社が形が似ているから販売を
      差し止めたい。(デザインの事ではありません)
      と裁判に訴えるでしょうか?

考えにくいですよね。 ですから私は茶番だと言うのです。

1100歩譲ってエンジンや制御システムの基本的な特許に抵触して
いたとすると当然訴えるでしょう。

そのときの手順はおそらく両社から資料と設計図を取り寄せて
比較検討するでしょう。
次に担当者を呼んで納得するまで聞き取りをする事でしょう。
それから審議をして結審になるはずです。

企業間の特許裁判ですから幾ら処理が早いアメリカでも何年も
かかる事でしょう。

製品が販売されてから半年で結論が出される事は有り得ないのでは
無いでしょうか。

少なくても私はそう思います。

ですから私は茶番だと相手にしない訳です。 ( くどい )

余談ですが、通常特許裁判では製品発売直後に告訴する
のではなく、十分に製品を販売させてから告訴をして
販売当初までさかのぼって追徴金をせしめるのが通例に
なっているそうです。

そのほうが大きく儲かる可能性が高いからです。 
もちろん全ての案件が当てはまる訳では有りませんが。


皆さん現状はまだまだ序の口かも知れません。

浮き足立つ事無くしっかり前を見据えて行きましょう。

足元を見るからふらつくのです。

遠くの明かりを目印に進めば、一直線に進めます。

生まれてくる子供が大きければ大きいほど難産が予想されます。

同じ事ではないでしょうか。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/12(水) 00:28:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

トムの本 問題解決

注文後発送が滞っていたトムマウアー氏の本が注文分は
発送された模様です。

お詫びとして数冊の本がプレゼントされたみたいです。

今後の販売元がどうなるかはまだ解りませんが取り合えず
解決したようです。

一時は取り込み詐欺かと疑いましたが何とかなりました。

新規の情報が入り次第お知らせします。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/11(火) 23:06:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう一つの補足

以前の記事で、シャンプー・コンディショナーにアップルマーク
が付いていない事に関して書きました。

ご存知のようにアップルマークは、間違って飲んでしまっても
人体に悪影響が無いと言う、まるでご老公の印籠のようなマーク
だった訳です。

今回発売したボトルには確かにアップルマークは無いのですが、
一番最初に出された写真にはマークが有る事が確認出来ました。

あくまでも私見ですが、アップルマークは前社の登録商標だった
のではないでしょうか。

今回使用しているウサギのマークもデザインを変更しています。

もしかしたら今後新しい形のマークで出されるかも知れません。

ちなみに2回目の注文の製品も最初と同じシールが貼って有りました。

今後の情報に期待ですね。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/11(火) 00:20:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

噂の真相は? 補足訂正文

噂の真相は?の記事において説明不足が有りましたので
ここに謹んでお詫びをいたしますと共に補足訂正させて
頂きます。

私の記事をお読みになられて不安をお持ちになられた方々には
大変申し訳無い事をしました。

私のヘボ記事にそんなに影響力が有るとは全く考えも
しませんでした。申し訳ありません。

先ずは背景から言い訳しますと、私共は裁判の話や出所の
不明な噂には基本的に反応を致しません。

大体は鼻で笑ってそれで終わりになります。

それには勿論根拠が有り、企業間の裁判経験者や国際関係の
弁護士、米国系ファンドマネージャーなどの情報を元に判断
していますので、決して感情で判断している訳では無いのです。

その気持ちが無意識のうちに記事に反映されてしまいました。

撤退の記事にしても、私は見ていないのですが、果たして明確な
根拠が提示されていたのでしょうか。(記名無記名にかかわらず)

数百億の資金を投入してこれから始めようと言う時に、撤退する
だけの明確な理由がどう考えても考えつきません。

日米間の全面戦争でも始まれば可能性が有りますが、その可能性は
ラクダが針の穴を通るより低いでしょう。

つまりその程度の記事な訳です。

元より相手にする必要は全く無いわけです。

大きな変化が起きる前には必ず問題が発生します。

専門的に言うと 魔がさす と言います。

全ての森羅万象には必ず陰と陽が有ります。

陰と陽の2つで1セットなのです。

例えると 男と女 光と影 表と裏 などです。

我々にとって良い事が起こる時は同時に悪い事(問題)も
起こる訳です。

これは宇宙の法則なので避けられない訳です。

私は9月に入ってからの状況を見聞きして、一人で夜な夜な
ほくそ笑んでいるのです。

近い内に大きな進展が有るのではないかと。


もう一つの理由は、私も含めて多くの方々は前社に対して
感謝の念を抱かないといけないと思うのです。

収入や健康、環境など多かれ少なかれ恩恵を受けている訳です。

恩有る会社に対して正直な気持ちで書いているにせよ、やはり
抵抗が有る訳です。

その為に記事の内容によってはワザとぼかして書いてあるのです。

今後は出来るだけ注意しますが、完全には出来ない事をご理解
頂きたいのです。

よろしくお願いいたします。
  1. 2007/09/10(月) 23:31:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

意味の解るメール

頂いた情報です。

先日から話題(笑い?)にしてきました、シズル社よりのメールですが
ついに日本語になったそうです。

わ~!!  ぱちぱち!!   スゴイ  (わしゃアホか~)

冗談はさておき、とりあえずは確認しやすくなったと言う事で。

日本発送だけなのか、海外発送も含まれるかは未確認です。

確認出来次第お知らせします。

カタツムリの歩みの1歩1歩でしょうか。(足は無い様に見えますが)

進んでいるだけ良しとしましょうか。

話題不足の私には恵みの雨でした。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/10(月) 07:43:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

噂の真相は? 改定

「シズルが日本から撤退する」 噂が流れているそうです。

急いで次の会社を見つけなければ。(笑)

たちの悪い冗談だと思いますが、あまりの馬鹿らしさに
上層部は眉一つ動かしていません。

くれぐれもご安心下さい。

他社には、いよいよ脅威になって来ているのでしょうか。

前社は、泣いても笑っても今年度の決算が終わりました。

工場の売却益を引いた売り上げには大変興味が有りますね。

来年の決算の時に売れる物が残っていれば良いのですが。

投資家の方々にはさぞかしにらまれた事でしょう。

デマは、私には断末魔の悲鳴に聞こえて仕方が有りません。

まあじっくり腰を据えて観覧しましょう。

誰も他社の没落を望んでいる訳では無いと思います。

世界にたった2社しかない兄弟なのですから。

切磋琢磨できれば良いですね。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/08(土) 02:10:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

意味不明のメール

製品を購入していないのに意味不明のメールが届いたと
確認の電話を戴きました。

一瞬、自動発送の発注間違いで意図していない製品が送られて
きたのかと思いました。

急いで発送履歴を確認したところ、引き落としが10ドルでした。

ビジネスキットの代金が発送に合わせて引き落とされていた訳です。

人騒がせな、入会時に引き落とされていると思っていましたから。

ビジネスキットは、入会した月毎か、入会順か解りませんが、
ある一定のブロックに分けて作りながら発送しているみたいです。

全員に送り終わるのにもう暫らく時間がかかりそうです。

スポンサーする時に、ひと言説明を付け加えると後であわてなくて
済むかもしれません。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/06(木) 22:45:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

フコイダンの効果・効能

今回はフコイダンの効果・効能について入手した情報です。

フコイダンはガンに良く効くと言われていて有名です。

その他にも細胞の新陳代謝にも良いそうです。

古い細胞を新しい細胞に入れ替えるのでしょうか。

聞いた話ですが、長年苦しんでいた魚の目やタコに効果が
有ったそうです。

いつの間にか取れてなくなっていたそうです。

その方は定期的に切り取っていたそうですが、いつの間にか
消滅したそうです。

フコイダン以外には考えられないそうです。

その他には特に、パーキンソン病に効果が有るそうです。

パーキンソン病はかなりの情報が有ります。

思い当たる方は、試してみる価値がありそうですね。

今回は、あくまでもフコイダンの効果・効能のお話です。

特定のメーカーの製品のことでは有りませんのでご注意下さい。

より詳しい内容をご希望の方は、アマゾンでフコイダンの本を
注文してお読み下さい。

ありとあらゆる体験談がうじゃうじゃ紹介されています。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/06(木) 00:00:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国内発送の準備状況

国内発送が始まると言いつつ中々始まりませんが準備状況について。

フコイダン・スペクトラAOの認可は取れています。

スープラマックスは、使用している成分の関係で認可に
時間がかかっている模様です。

一部で出回っている裁判の問題で遅れている訳では無いそうです。

あくまでも私見ですが、裁判問題はこのまま有耶無耶に
成るのではないかと思います。
本気で追求する場合、莫大な費用と年月が掛かりますが、
現状では全く意気込みが感じられないのです。
決算でそれどころでは無いのでしょうが。


ハミガキ・マウスウオッシュ・台所洗剤・洗濯洗剤なども
認可済みだそうです。

ヘアジェル・ヘアセットフォームなども出そうです。

ボディーソープは遅れそうだそうです。

いずれの製品も在庫調整中ではないかと思います。

待ちくたびれそうですね。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/05(水) 23:41:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

新製品の噂②

シズル社の研究所では約100品目の試作品が開発されて
いるそうです。

シズルに移ってきた研究者・技術者集団からすれば以前と同等の
製品を作るのはピースオブケーキ(朝飯前)でしょう。

今までに無いユニークな製品の開発がシズル社のモットーですので
これからも楽しい製品が出される事と思います。

塗るだけで顔のしわが無くなっていくペンタイプの化粧品等です。

さらに新しい情報として、目のサプリメントが開発されて
いるそうです。

巷には様々な目のサプリメントが有ります。

ブルーベリーエキスや前社の製品にも有りました。

古くからは「目薬の木」を煎じて飲むなんてのも有ります。

今回のシズル社の製品がユニークなのは、飲食する製品ではなく
目に直接点眼する製品を開発しているそうです。

何となく効きそうですね。

老眼の進行に苦慮している私には大変な朗報です。

ただし老眼に良いかどうかは全く解りませんが。

*「点眼」の表現は薬事法に抵触する可能性が高いですが、
 適切な代替表現が見つからない為使用しています。


ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/04(火) 00:12:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皆さんもご注意下さい。その3

「その2」からだいぶ間が空いてしまいました。

今回の話題は、製品の内蓋についてです。

前社の製品の使用を始めた時に内蓋のシールが取りにくく
風呂場で発狂しそうになりながら蓋を剥がしました。

最後は歯を使ってむしり取りましたが、爪を傷めた方も
多いのではないでしょうか。

あるアップの方に改善した方が良いと苦言を呈しました。

その方のお言葉では、文句を言う前に工夫をして使いましょう。

と、のたまわれました。 なんのこっちゃ~。(心の叫び)

結局最後まで改善はされませんでした。(今は改善されたかも)

またまた前振りが長くなりましたが、ここからが本題です。

何と今回の製品には最初から内蓋に透明なシールが張って有り
蓋を剥がしやすく改善がなされています。(感動した~)

おそらくトヨタ自動車さんの改善活動のおかげではないかと。

問題は、その透明なシールの接着力が少し弱くて、ゆっくり
剥がさないと取れてしまう事が有ります。

私も何回か経験しています。結構悔しい思いをします。

いま一つ改善をお願いしたいしだいです。

そうかと思えば、先日未使用のフコイダンのキャップを開けた時、
暑い日で膨張していたのか内蓋のシールがポンと音を立て取れて
しまいました。

特に被害は無かったのですが、一瞬何が起きたかと思いました。

もしかすると製造過程で少しムラが有るのかもしれません。

話題が夏枯れ状態でしたので思わず揚げ足を取りましたが
製品の本質には全く問題が無い事は言うまでも有りません。

皆様が勿体無い思いをしないようにと書いた次第です。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
  1. 2007/09/03(月) 00:17:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トムの本情報 その2

以前にも紹介したトム・マウアーの著書「アメリカンカウボーイの直言」についてです。

製品を注文して代金を振り込んだら販売元と連絡が取れなくなった
と連絡を戴きました。

全くトムさんの名誉に係わる由々しき事態です。

私も直ぐに連絡を試みましたが電話もFAXも不通になっていました。

取り込み詐欺の可能性が、かなり高いですがどうにもなりません。

皆さんも十分にご注意下さい。

後から思うと何故聞いた事も無いような小さな団体が独占販売契約
出来たのか不思議では有りますが弱った事です。

取り扱い元が変更になるようで、残念ながら現在販売が休止になって
います。

早めに販売が復活する事を願うしだいです。

シズル社が版権を買い取って販売すれば良いと思いますが。

商品の購入は出来るだけ代引きにした方がリスクは減りますね。

代引きが無いとだめですけど。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm

  1. 2007/09/02(日) 00:17:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャンプー・コンディショナー情報⑩

いい加減シャンプー・コンディショナーの話題は飽きて来ましたが
追加製品が出ないので今日もまた同じ話題です。

暫らくお付き合い下さい。

シャンプー・コンディショナーを、約1日遅れで注文した方から
今日の宅配便で配達されたとの連絡を戴きました。

私の予想よりかなり早く届きました。

今回の会社のスケールはスザマシイ規模の生産量を誇る様です。

御大のお話では、24時間フル稼働すれば前社の1年分の生産量を
3日で作れる規模だと言われていました。

単一製品の事を指すのでしょうがスザマシイ規模です。

当然工場を遊ばせて置く訳が有りませんので、OEMで他社の製品を
製造しているそうです。

会社名は言えないと言われましたが、聞いたら洒落にならない
会社の製品も作っているそうです。

そう言われると余計聞きたいのが人情ですが未だに不明です。

製品が届き始めたら案外早く届くのではないでしょうか。

優越感もたったの1週間で合えなく終わりを告げました。

いつ次の製品が出されるか解りませんので朝昼晩深夜とHPを
くまなくチェックする日々が続いています。

何年かすれば、そんな事も有りましたね~ と笑えるのでは
無いでしょうか。

それはそれで楽しいかもしれません。

無理やり1年前倒しで始めたにしては順調過ぎる位です。

個人的な希望としては、間違いで多めに振り込んでくれて、
そのまま有耶無耶になる事ですが。

とりあえず以前の教訓は生きているみたいですね。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm

  1. 2007/09/01(土) 21:21:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

経皮毒の本 新刊のお知らせ

2007年9月1日発行で「イラスト図解経皮毒」が発売されています。

今までの本は、活字主体の本でしたので啓蒙活動をしても読書の
習慣の無い方には中々読んでもらえませんでした。

貸し出ししてもそのままの状態で返却される事も多々有りました。

今回は可愛いイラストで活字も大きくて素晴らしい出来栄えです。

本当に読んで頂きたい小さなお子さんをお持ちのお母さんにも
気軽に見て頂けそうです。

私はまだ見ていませんがDVDも付録に付いています。

こちらも威力を発揮しそうです。

後書きの前にお仲間の皆さんの写真が掲載されています。

その中にワンカットおなじみの人差し指を立てている写真が有り
前社の方々だなと直ぐに解りました。

本当に重要な事は、どの会社に所属しているかではなく、
どこに向かっているのかが重要な事が良く理解出来ます。

同じ志をお持ちの方々に良い本を出版して頂きありがたい事です。

私も直ぐに活用させて頂きたいと思います。

ひと言アドバイスも的確でしゃれています。

ご興味の有る方はお早めに。


  「イラスト図解 経皮毒」
   山下玲夜著
   日東書院
   1200円+消費税
  1. 2007/09/01(土) 00:09:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。