トム・マウアー リターンズ

今、注目されているのがニューウエイズの創始者であるトム・マウアー氏が新しく始めようとしている「シズル」についての説明です。 過去の記事はアーカイブからどうぞ。 http://www.sisel-japan.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボーナス説明の間違い、 その他

前の記事でボーナスの説明に間違いが有るそうです。

私の覚えている内容の何処かが間違っていると思われます。

調査して改定しますので、暫らくお待ち下さい。

ご迷惑をおかけします。

noname様ご指摘有難う御座いました。



製品の差し止めですが、NWの超有名な某クラウンに確認しました。

現在は11月の裁判に向けて公聴会を開いている段階です。

製品の差し止めとか裁判の勝敗などはまだ出るわけが無いとの
事でした。

無責任な出所不明な情報が出回って困ると言われてました。

いただける情報からは製品差し止め、会社からは事実無根と言われ、
私は板ばさみで四苦八苦です。

自分で製品を注文して確認すれば済む事ですが。

身近な方の話では、先週届いているそうです。





ニューウエイズのS-DAさん素晴らしい内容の意見有難う御座います。

私も前から申し上げている様に共存共栄できれば最高ではないで
しょうか。

私もNWのユーザーですし、実際にシズルに無い製品はNWで購入して
いる訳です。

他社に買える製品は無い訳ですから。

今回の新製品のドリアンジュースは評価が高いですよね。

シャキットの特集読みました。

私も早く儲けて飲みたいと思っています。

個人的な好みとしてはもっとドリアンの強烈な香りにして
戴きたいです、多くの人が飲めなくなりそうですが。

対してシズルにはフコイダンが有ります。

○○を直すために必要な方は、飲めば良い訳です。

お互いに共存出来ます。



数日前のコメントで「2社でシェアを取り合いする」と有りました。

お互いに潰し合うと言う意味だと思います。

1つしかないパイを取り合うのでしたら確かに取り合いになります。

しかし現状では、パイはまだまだかなりの枚数が手付かずで残って
いるのではないでしょうか。

私の周りにもNWとは何ぞや? と言う方が数え切れないほどいます。

ましてや シズル? 逆に知っていたらビックリです。

このような現状ですからビジネスチャンスは計り知れません。

頑張って製品を広げて世の中を良くする手伝いをしましょう。


ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
スポンサーサイト
  1. 2007/09/14(金) 01:32:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NW情報 | ホーム | 自動配送について>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://siselja.blog94.fc2.com/tb.php/162-c27c034a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。