トム・マウアー リターンズ

今、注目されているのがニューウエイズの創始者であるトム・マウアー氏が新しく始めようとしている「シズル」についての説明です。 過去の記事はアーカイブからどうぞ。 http://www.sisel-japan.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NW社がトムを提訴

NW社がSISEL社のトムマウアー氏とJr. & ダリックその他数名を
昨年11月までにNW社で培った技術を盗用したとして提訴
したそうです。

SISEL社は、約4年前に構想が始まり2年前から工場の建設が
始まったと、トム自身が公に公表していますので、相手にすれば
当然面白くないはずです。

NW時代にも、マキシモルの製造技術を盗まれて特許を登録された
大変苦い経験もしていますので、当然今回の事は想定された事だと
思います。

真実は、当事者だけにしか解りませんが今後の展開が待たれます。

今回の件は、見る立場によって全く捕らえ方が違うと思いますが、
当然予測出来た事なので早めに決着をして戴きたいものです。

SISEL社の見解としては、SISEL社の事業展開を遅らせる為の妨害
工作だと、バッサリ切り捨てています。

私見では、ゴールデンゲートキャピタル社の焦りに思えて
仕方が無いのですが、いかがなものでしょうか。

ファンド会社ですから、購入したNW株が原価割れする事態は、
絶対に避けなければならない訳です。

今年度の決済が8月末に出されると思いますが、大変厳しい結果が
出ると思われます。

株価を維持する為に、今後はなりふり構わず攻勢を強めて来ると
思われます。

以前の記事の内容からもお判かりの様に、私はSISEL社寄りなので、
立場が中立でない事は、予めお断りしておきたいと思います。

一番大事な事は、立場の違いに係わらず誤情報に踊らされて余計な
事態を引き起こす事ではないでしょうか。

今後の展開を静観したいと思います。

新しい情報が入り次第アップします。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm
スポンサーサイト
  1. 2007/06/10(日) 11:15:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トムの本 改定 | ホーム | 製品購入方法について>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://siselja.blog94.fc2.com/tb.php/60-cba66fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。