トム・マウアー リターンズ

今、注目されているのがニューウエイズの創始者であるトム・マウアー氏が新しく始めようとしている「シズル」についての説明です。 過去の記事はアーカイブからどうぞ。 http://www.sisel-japan.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

裁判の情報

戴いた情報です。

先日からお騒がせしている裁判情報です。

NWサイドが告訴を取り下げた模様です。

一部なのか全てなのか未確認です。

私も指摘していた様に無理が有りましたね。

今後の動向が気になります。

22日からのツアーで明らかになるかと思います。

ホームページ
http://www.sisel-japan.com/fucoydon.htm

スポンサーサイト
  1. 2007/06/21(木) 00:14:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<マウアーズ特別講演 | ホーム | チケット>>

コメント

トムマウア氏、二人の息子、シズル社に禁止命令

5/25の公聴会が開かれ裁判の結果、トムに対して、不正に持ち出した名簿および製品フォーミュラーの使用禁止、NWディストリビュターとのコンタクト禁止の判決が出ました。

NW社のフォーミュラーをコピーして作ったシズルの製品 " スーパーマックス "は、マキシモルをコピーしたということで6月末に再度公聴会が開かれる予定。

5月の判決を受けて、6月の公聴会においても有罪判決が出る可能性が大きいと見られている。

また、ニューウェイズ社がシズル社に対し起こした裁判に関して、シズルとのクロスネットワークを行ったNWのディストリビューター14人のメンバーも個人的に訴えられている事が判明。有罪判決が出た場合 、多額の損害賠償、プラス、コミッションの返還請求がされると思われます。

また、NW社は、今回のトム氏、Sisel社、一部のNWディストリビューターの不正行為の訴訟費用として24億円を予算計上して、毅然と取り組む方針を固めている。

クロスネットワークを行っている方は、ご注意ください。ご自宅に文書で訴状が届くことになるかも知れません。

これは、NWのディストリビューター契約をNW社を結んだ際の同意書に基づくものでユタ州管轄の裁判所においての正式な法的な手続きになります。
  1. 2007/06/23(土) 01:22:55 |
  2. URL |
  3. 実は、NWが勝訴していました。 #COA5Ehuw
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://siselja.blog94.fc2.com/tb.php/73-40fa7107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。